2011年

3月

18日

JALの機内食は奇跡の味!

奇跡ノ機内食
奇跡ノ機内食

放射能がなんだのと騒がれる中、三月十五日に新幹線で大阪に行き、関西国際空港で一夜を明かし(初めて徹夜しました!でも次の日まったく疲れませんでした...)、実家へと帰った私と両親、合わせて三人ですが、今回はもっと明るい話題をッ!ということで、JALの機内食は奇跡の味!

 

父のみが香港まで行き、そこからチケットを買って上海にきたわけですが、私と母はそのまま直行。(しかも母がビジネスクラスで私がエコノミークラスという...)

飛行後、目をはばからず爆睡した私はちょうど機内食のカートが通り過ぎるに頃にむっくりと条件反射のように起き上がりました。機内食は弁当形式で、『大阪の空弁』と献立までついてきました。しかもプリン付き。(え?私確かにプリンは苦手ですが?貰えるものは貰っとく主義ですけど何か?)

 

今までの四十から五十ほどの機内食体験でいちばんうまかったっす!そりゃあもう、ざるそばにおにぎり、鮭、そのほか肉、季節の野菜などなど十菜以上...どれから食べればいいか迷いましたね、本当に。

 

やっぱJALいいわ!テレビもあるし...(そこか!)