2010年

10月

04日

鍵を...

鍵を忘れてしまいました。

親が共働きなので、こりゃヤバイな、

(家に入れないよりは、雷が落ちる、ということに)

と思っていながら、しぶしぶ電話をしました。

 

案の定、怒号が飛んできました。当たり前ですけど。

「今度朝でる時は自分で鍵をかける!もう計画性をもちなさい!それと、今度はメールでやってよね。今日は会議ですっごい急がしいんだから!」

という調子で、怒られました。もう立て板に水のスピードですよ。

 

案外、父よりも母のほうが怖いですよね?

私に父なんか、「馬鹿。頭、本当は空っぽなんじゃないのか?」だけで終わりでした。

 

結局、父に言われた通り、マンションのITコーナーに行ってきましたが、すごく勉強に集中できました。今度からそこに行って勉強しようと本気で思ってみたり...

本当は近くの紀伊国屋書店に行こうとしてたんですけどね。